簡単に利用可能

外付けhddを認識しない場合の原因

外付けhddは接続をするだけで使えるようになるので、人間にとっては非常に簡単で便利ですが、内臓hddよりも複雑な動作をしているので、不安定でもあります。そのため、外付けhddが認識しないというトラブルが起きやすいともいえます。 外付けhddが認識しない場合に考えられる原因として、物理障害が発生している・論理障害が発生している・インターフェイス異常、その他の障害が発生しているなどの場合が考えられます。落下させてしまったり、衝撃を与えてしまった場合などの物理障害についてはわかりやすいですが、hddの寿命の場合など、突然発生するケースもあります。 外付けhddが認識しないときは、適切な対応をとればデータが復旧できる場合もありますが、対応を誤ってしまうとデータが完全に消えてしまったりするので注意が必要です。

データを復旧させるには

外付けhddが認識しない場合、まずは電源がONになっているかを確認します。ONになっているのに電源が点灯していなかったり、動作音が全くしない場合は物理障害が発生している可能性が高いので、メーカーの修理を受ける必要があります。メーカーに修理を受けるとデータが初期化されてしまうので、必要なデータが入っている場合は、データ復旧業者などに依頼するとよいでしょう。 hddが動いているのにマイコンピュータにアイコンが表示されない場合は、接続に問題がありそうです。デバイスドライバーに異常がある場合は、デバイスドライバーを再インストールすることで治る場合があります。他には、フォーマットがされていない、パーテーションが認識されていないなどの場合がありますが、この状態でも正しい方法をとればデータ復旧が可能です。フォーマットがされていませんと出たからといってフォーマットをしてしまうとデータが消えてしまうので注意が必要です。